北海道陶芸作家協会 Hokkaido Ceramic Artists' Association 北海道陶芸作家協会
ナビゲーション 協会について 会員と窯の紹介 過去の記事 ホームへ戻る
過去の記事

2018年02月20日

第39回北海道陶芸作家協会展

39_kyokaiten.jpg

開催期間
2018年2月27日(火)〜3月4日(日) 10:00〜18:00
4日(日)は16:00まで
開催場所
コンチネンタルギャラリー
札幌市中央区南1条西11丁目
コンチネンタルビル地下1階(北洋銀行地下)
39_kyokaiten_ura.jpg


基本課題・共通課題・自由課題にあわせて会員の作品を展示します。
基本課題
「北の風土性」
・北海道の土の研究・活用について(野幌・神楽・野幌・札幌など)
・北海道の釉薬研究・活用について(道内の磁鉱石・陶石・自然草木・火山灰等)
・北海道の自然と季節
・北海道の風物・歴史
・イメージ化(過去・現在・未来)された北海道

北海道の粘土や地味を生かしや作陶作りに努め、作風の向上を図ります。
(石山軟石・藻岩の土,三角山鉱石・盤渓の土・蘭越の土・道南の火山灰・野幌のレンガ粘土)

共通課題
今年度は、「北の風土とともに」を共通課題として協会展を開催します。
・風雪に耐え、たくましくいきてきた先人の精神を尊び、北海道の粘土、釉薬の追求。
・北海道の粘土、釉薬の追究とともに、これまで研修を積んだ皿、花器、板作り、手びねり、などの集大成として発表いたします。

自由課題
会員各自が取り組んだ作品を展示する。
posted by hcaa at 09:03 | 展覧会
Copyright(C) 北海道陶芸作家協会